W203 パワーシート不動&ウインカー作動不良

C240(W203)の故障例。
パワーシートが動かない時があるのと、メーター内の警告灯が付いたり(女性オーナーの為、何の警告灯なのかはっきりせず)、ウインカーが時々動かなくなるという症状らしい。帝王はこういった電気的な故障探求が大嫌いです。どちらかというと機械的な修理のほうが好き・・・・ま、仕事だから頑張ってみます。

最初は原因はシート下のユニット(画像)なんじゃね〜の?って思ったのですが・・・・・・。

試しにパワーシートを動かしてみるとすべて動いてしまいました。メーターの中も何の警告灯も付きません。症状が全くでないのです。「おいおい、夢でも見たんじゃないの???」なんて思いながらシートをガチャガチャ動かしていました。
その時です!メーター内のSRS警告灯が一瞬ですが付いたのです。再度シートを動かして見ます。今度はウインカーが点灯。

なんかよくわかりませんが、ユニット〜パワーシートの各モーター間の配線を弄りながらスイッチを動かして見ます。

シート裏を外して配線を見てみると・・・・・

原因は配線のショートでした。ユニット〜背もたれ可動モーター間の配線が、座面と背もたれの間を通っているのですが
シートの動きによって噛みこんでいました。結構多いトラブルと見ます。なぜなら配線の長さや取り回しに無理があるからです。

W203のパワーシート不良の症例は他にもあります。
キーを抜いた時にシートが下がらない、又はその逆や時々パワーシートが動かないというもの。原因はヘッドレスト可動モーターの基盤が半田浮きしています。繋がる配線に余裕が無い為、常に配線が張ってしまいヘッドレスト可動モーター〜配線カプラー間の基盤(4ピン)が抜けてくるのです。ヘッドレストモーターのカプラーを抜くだけでもシートは全て動かなくなりますので接触不良によって時々動かなくなったりするのです。


ウェブオート号のページに戻る場合は↓をクリック!!




薄毛に悩むすべての方に見ていただきたいサイト。
私もそうだったのですがAGAであれば治ります。