AGA治療と亜鉛


「2016. 3. 1 服用開始から2403日目




もう一度「亜鉛」の素晴らしさを書きます。最近は若年の若年と言いますか未成年の方からの「AGAですか?」というような画像つき相談メールが非常に多いのです。私は医者でも薬剤師でもありませんので相談されても希望を与えつつ、ハゲましつつ、雑談で終わるのですが(笑) 未成年の場合はフィナステリドも服用できませんし、せいぜい亜鉛の摂取くらいしかないのかなと。 高校生くらいだと生殖器の機能も活発になりますので私が昔からず〜っと指摘している「AGAスイッチと性機能と亜鉛」の関係上、亜鉛はAGAであれば摂取すべきサプリメントだと思ってます(あくまで個人的な意見です。お勧めしているわけではありません)。  私もAGAスイッチが入る活発なお盛んな時に積極的に摂取していれば状況が少しは変わっていたのではないか?と今更ながら後悔しています。10代なんてもう20年以上前の話になりますが。 


AGAの原因でもあるジヒドロテストステロンの生成を抑え、更に1日15mg以上の摂取で発毛が促進されるという研究結果もあり、さらには生殖器の機能も向上させEDにも関与しているという男性なら摂取しない方が変態なほどのサプリメントが亜鉛なのです。



私は毎日50mg摂取しています。個人輸入代行で海外から取り寄せているので一錠で50mgとちょっと大きいのです。亜鉛に関しては日本では生理学的摂取量といいまして、それ以下の摂取量だと欠乏症を起こす数字が最大30mg/一日です。最低限これだけ摂ればOKということです。しかし、アメリカの場合は薬理学的摂取量といってそのサプリメントの特徴である健康効果を期待した摂取量の平均的な数字になっています。それが50mg〜150mg/一日。これだけ摂れば効果が期待できますという数字なわけです。ちなみに亜鉛の上限値は200mgと言われています。 亜鉛は元々吸収効率が悪いので30mg/一日という数値は大した気にするこたないと思います。




AGA治療で完治を目指すなら
トップページに戻る



(2009年〜2014までの治療日記)をご覧になりたい方はここクリックしてください。








このサイトについてのご質問はこちらへ
答えられる範囲で必ず返信します。


当サイト内の画像や文章の無断転載を禁じます。 また、当サイトの利用・閲覧は、あくまでも自己責任においてご利用ください。利用したことによるいかなるトラブル、あるいは損失・損害についても一切の責任を負いません。当サイトからリンクしているウェブサイトや、当サイトにリンクしているウェブサイトの内容やプライバシー慣行については、管理人は一切の責任を負いません。また、リンク先のサイトに関して生じたいかなる損害についても賠償する責任は一切負いません。ご理解のほど宜しくお願いいたします。


自己責任で行うホワイトニング
自力で歯を白くしたい方はこちら