AGA治療日記



AGA 初期症状

AGAの初期症状にお悩みの方へ


世の中には、容姿やスタイルで悩んでいる方は、たくさんいます。
人の目から見ればたわいないことでも、
ご本人にとっては深刻な問題だったりします。
特にAGA、つまり男性型脱毛症ともなれば、実際に初期症状が表れて、
AGAが進行しないうちに何とかしたいという方も多いことでしょう。
あるいは、今はまだAGAの初期症状の気配はないものの、
父親や祖父、あるいは兄弟にAGAと思われる方がいれば、
いつ自分もAGAの初期症状が表れるかと、心配は尽きないものです。

AGAの初期症状にお悩みの方へ よく、ストレスがたまるとAGAになりやすいと言う人もいます。
初期症状が出始めて、髪ばかり触っているとAGAが進んでいくと言う人もいます。

ただ、本当にAGAを気にせずに放っていて、大丈夫なのでしょうか。

AGAの初期症状を紛らわすために帽子を被るという方法もありますが、いくら帽子で紛らわしていても、いずれ初期症状が進んで、
完全にはげた状態にならないとも限りません。

AGAの初期症状は、まず、髪が太くならずに、
心もとない未熟な髪ばかりが目立つようになります。
おそらくAGAの気配に気付く前と変わらない程度の、髪の本数は
確保できているのかもしれませんが、髪の1本1本が細くなれば、
当然全体的には髪の本数が減ったように感じるはずで、
他人の目にもはげてきたように映るはずです。

鏡を見て、おでこが広く感じられるようなAGAの初期症状が出始めれば、
鏡に映らない頭のてっぺんにAGAが広がっていくのも時間の問題です。
最近は、スマホなどで自分の頭をチェックしてAGAの初期症状を警戒する
という方もいらっしゃるようですが、気にするだけでなく、
できるだけ初期症状のうちに手を打ちたいところです。

初期症状が進まないようにするためには、
原因を知ることが重要です。
生活習慣や飲食などを気にする人もいるでしょうが、
そんなことよりも知っておく必要があるのは、
AGAの原因とされる男性ホルモンの存在です。
その男性ホルモンを抑えることができれば、AGAの初期症状の段階で
進行を抑え、さらに心もとない細い髪しか生えてこない頭から、
しっかりとした太い髪が生える頭に変化していくでしょう。




↑ ↑ ↑ ↑
私が09年からお世話になっている通販サイト


トップページ
(2009年〜2014までの治療日記)をご覧になりたい方はここをクリックしてください。

AGAは自己責任で行う!
トップページは↑↑クリック。



このサイトについてのご質問はこちらへ
答えられる範囲で必ず返信します。

当サイト内の画像や文章の無断転載を禁じます。 また、当サイトの利用・閲覧は、あくまでも自己責任においてご利用ください。利用したことによるいかなるトラブル、あるいは損失・損害についても一切の責任を負いません。当サイトからリンクしているウェブサイトや、当サイトにリンクしているウェブサイトの内容やプライバシー慣行については、管理人は一切の責任を負いません。また、リンク先のサイトに関して生じたいかなる損害についても賠償する責任は一切負いません。ご理解のほど宜しくお願いいたします。

自己責任で行うホワイトニング
自力で歯を白くしたい方はこちら