AGA治療は自己責任で行う!


自己責任で行うAGA治療(最終更新日2017. 11. 7)


AGA(男性型脱毛症)
は薬でしか治せません。オリジナル発毛法?生活習慣?そんなものは気休めにしかなりません。原因はDHT(ジヒドロテストステロン)という事がはっきりしています。

そもそもAGAとは?



自己責任で行うAGA治療
これがAGA患者の頭皮の図。毛根は同じ数があっても1本1本の髪の毛が細いので光が頭皮に当たって薄く見えます。 「テストステロン」という男性ホルモンが頭皮などに存在する5αリダクターゼという酵素と結びつくとDHT(ジヒドロテストステロン)というハゲになる男性ホルモンに変身します。このDHTにより髪の成長を強力に妨げられて髪は完全に成長しないまま抜け続けます。太くなるまで成長しない → 未熟な細い髪ばかり増える → 頭皮が目立って透けてくる → ハゲ完成 となるのです。5αリダクターゼ自体の分泌量が多ければハゲやすく、少なければ禿げにくい体質といえます。これこそが遺伝に左右されると言われているところです。親毛に成長する前に毛が抜けて”また生えてくる”を繰り返すのです。毛は子毛(コゲ??)とでも言いましょうか、とにかく細いのです。

自己責任で行うAGA治療
これが健康な方の頭皮だとします。私がよく言う親毛(オヤゲ)が多い状態。親毛とは髪が太く長く最後まで成長した毛のことです。髪の毛が太ければ光は頭皮まで届きにくくなります。若い頃はみんなこうです。AGAを発症していなければ老人であっても毛が太ければ頭皮は目立ちません。

自己責任で行うAGA治療

ただ・・・残念ながらAGAは治療をせず、数年、数十年と放置すると悪化するだけです。最悪はこんな感じで毛根は完全に死滅する場合もあります。生え際の治療が難しいのは死滅が早いためです。


AGAの治療とは?

頭皮が明らかに目立つようになり、「AGAかな?」と気付いた時、まだ毛根はほとんどの場合は残っています(頭頂部は特に)。子毛だけの生産ですが繰り返しているわけです。薄くなった・・・と気にしてストレスを抱える前に鏡で頭皮を良く見てみてください。ツルツルでしょうか?あなたの毛根はまだ頑張ってませんでしょうか?冒頭に書いた5αリダクターゼが酵素と結びついてDHT(脱毛ホルモン)に変換されることがAGAの原因ですがご安心を。今はそのDHTに変換すること自体を阻害する治療薬があります。それによって子毛のまま生え変わってしまうヘアサイクルを親毛になるまで成長させるヘアサイクルへ戻して改善させます。それがAGA治療なのです。ですから、産毛だろうが毛がある限りは全く諦める必要は全くありません。 


AGA治療日記

(以下は私のAGA治療の記録です。上から下に向かって月日が経過していきます。ご参考まで)


↓こちらが本来のメインサイトです↓
(2009〜2014年)「AGA治療開始」

まずはこちらをクリック
すべてはここから始まったのです


(2013. 7.13)「髪の悩みで繋がること」
(2014. 4.13)「AGA治療図解説明」
(2014. 7.15)「ポラリス保管の注意」
(2014.11. 7)「AGA治療とは?」
(2014.11.25)「外用ミノキシジルのコツ」
(2015. 1. 3)「育毛を楽しみましょう」
(2015. 1.22)「ブラックポムトーン」
(2015. 2.10)「自己責任と副作用」
(2015. 3. 4)「モルモット的実験」
(2015. 3.10)「子作りとフィナの見解」
(2015. 4. 4)「ハゲを自覚するワード」
(2015. 5. 4)「デュタス」
(2015. 5.12)「育毛発毛セット」
(2015. 6. 9)「私の勝手な活動」
(2015. 7.13「頭皮の夏のダメージ」
(2015. 7.21「ポラリスの着色」
(2015. 9. 3)「皮膚科に直接質問してみた」
(2015. 9.11)「秋は抜け毛の季節!?」
(2015.10. 1)「医薬部外品について」
(2015.11. 3)「治療前の頭皮を振り返る」
(2016. 1.20)「永遠のテーマ M字回復」
(2016. 3. 1)「どこでも手に入る亜鉛」
(2016. 3.13)「育毛剤と副作用」
(2016.3.29)「この春から行う頭皮ケア」
(2016. 4.17)「AGA治療は急ぐこと」
(2016. 5.17)「頭皮のテカリなど」
(2016. 6.13)「シャンプーには拘りを」
(2016. 7.10)「夏用の治療へ切り替え」
(2016. 8.30)「私の購入の仕方」
(2016. 9.27)「フィンペシアとサプリ」
(2016.11.02)「結局、禁煙開始・・笑」
(2017. 1. 1)「2017年のスタートです」
(2017. 2.12)「悪化させてみました・・」
(2017. 4.11)「ハゲの兆候と復活劇」
(2017. 5.30)「AGA都市伝説」
(2017. 6. 6)「まだ医薬部外品ですか?」
(2017. 7. 3)「AGAあるある」
(2017. 8. 8)「AGAで完治を目指す」
(2017. 8.19)「AGAで完治を目指すA」
(2017. 8.22)「AGAの治し方」
(2017. 9. 5)「AGAガイドライン」
(2017. 9.12)「AGA新薬情報」
(2017.10.17)「AGAの初期症状」
(2017.11. 7)「AGAと側頭部」

※私がお勧めできるクリニックはここをクリック

↓こちらが本来のメインサイトです↓
過去の2009年〜2014までの治療日記をご覧になりたい方ココをクリックしてください。


ここまでのAGA治療経過
自己責任で行うAGA治療
(2009. 8. 6 )
自己責任で行うAGA治療
(2009. 9.16)
自己責任で行うAGA治療
(2009.10.21)
自己責任で行うAGA治療
(2009.12. 2)
自己責任で行うAGA治療
(2010. 1. 5)
自己責任で行うAGA治療
(2010. 4. 6)
自己責任で行うAGA治療
(2011.9. 6)
自己責任で行うAGA治療
(2011.12. 4)
自己責任で行うAGA治療
(2012.2.21)

自己責任で行うAGA治療
(2012.6.21)
自己責任で行うAGA治療
(2012. 8.14)
自己責任で行うAGA治療
(2012. 9. 2)
自己責任で行うAGA治療
(2012.12. 4)
自己責任で行うAGA治療
(2013. 2. 4)
自己責任で行うAGA治療
(2013. 4. 2)
自己責任で行うAGA治療
(2013.8.20)
自己責任で行うAGA治療
(2014. 1.23)
自己責任で行うAGA治療
(2014. 4.13)
自己責任で行うAGA治療
(2014. 6.24)
自己責任で行うAGA治療
(2014. 9.20)
自己責任で行うAGA治療
(2014.12.09)
自己責任で行うAGA治療
(2015. 1. 3) 
 自己責任で行うAGA治療
(2015. 4.14)
自己責任で行うAGA治療 
(2015.10. 1)

(2016. 1. 3)
 
(2016. 4.17)

(2016.11.02)

(2017. 1.01)

(2017. 4.11)


  • AGA治療は自己責任で行う!
  • はてなブックマークに追加



自己責任で行うホワイトニング
自力で歯を白くしたい方はこちら


私がお勧めするクリニック
このサイトのタイトル通り、私は「AGA治療は自己責任」だと思っています。それは治療と同じく個人輸入で医薬品を入手するのもまた自己責任なのです。 心配な方、長期に渡る治療を真剣に考えている方、いまいちサイトを見ても踏み込めない方はまずは必ずクリニックで「AGAなのか?」を診断してもらうことです。その後に初めてジェネリックや個人輸入に切り替えるかを自己責任で考えれば良いと思います。基本的にAGAであるかどうかの診断は無料となっており、症例数も日本一のこちらのクリニックをお勧めします。

↑クリックで詳細ページへ↑
本気で治したい方や、どのような薄毛対策をするか迷われている方は、まずは、薄毛治療の専門医に”無料相談”をしてみてはいかがでしょうか?日本一の症例治療実績を持ち、個々の薄毛タイプに最適な、オリジナル処方を600パターン以上の中からご提供している、薄毛治療専門クリニックです。東京大阪名古屋福岡の主要都市にクリニックがあり、プライバシーを重視して目立たない場所にあります。また、治療費が明確であり”医療機関”であるので無理な勧誘などは一切ありません(そもそもローンの扱いが無い)。男性、女性の待合室が完全に分かれているなどの細かい配慮もなされていて、本格的に確実に治療をしたい方へはお勧めできます。



AGA治療日記
過去の(2009〜2014)までの
治療日記はこちらへ




このサイトについてのご質問はこちらへ

当サイト内の画像や文章の無断転載を禁じます。 また、当サイトの利用・閲覧は、あくまでも自己責任においてご利用ください。利用したことによるいかなるトラブル、あるいは損失・損害についても一切の責任を負いません。当サイトからリンクしているウェブサイトや、当サイトにリンクしているウェブサイトの内容やプライバシー慣行については、管理人は一切の責任を負いません。また、リンク先のサイトに関して生じたいかなる損害についても賠償する責任は一切負いません。ご理解のほど宜しくお願いいたします。