帝王の部屋
ニュースと更新履歴


オススメページ


1.8Tのヘッドチューニング
ビートルのルーフラックOH@
ビートルのルーフラックOHA
ウエストゲート仕様
NAVIの仕組み
帝王号のオイル交換
8Eはこんなに壊れるのだ
カーボンボンネットの再塗装
アールズホースの組み付け方法
A4の足回りからのギシギシ音
034コイルカバーの取り付け方法
まだ世界のどこかにRSヘッダー
B6 1.8Tはココも弱い
ニュービートル ノーズブラ
海外製ハイカムの現実
激安エアマスはどんだけ〜
B6 1.8Tはココも弱いA



帝王の部屋へようこそ。
VW・AUDIのチューニングや輸入車全般のメンテナンスなどを書いてます。くだらないページだらけですが膨大なページ数になってますので暇なときにでも下の方にある過去のねた倉庫もご覧ください。なお、更新中に画像データのファイル名を弄ってしまい、おかしな画像が載っているページがあればお手数ですがメールにお知らせいただくと助かります。それではごゆっくり・・・・・♪

告知
値下げしましたw
(2016年11月15日現在、まだ次期オーナー見つかっていません。 現状販売のみ。30万円以上で売ります。
車検はH30 4まであります。 左右のレカロが新品です。これだけでもお得です。ただし、自動車の売買について詳しい方、信用できる方限定です)


長年に渡って帝王号のチューニングを見守ってきてくださった方々へ。
突然ですが、帝王号を現在売りに出しています。手放す理由は色々あるのですが・・・。「らしい運転」ができなくなった事、音の問題(ご近所の・・)、絶好調をキープする金銭的な問題wなど。手放すのは手放すのですが、パーツのバラ売りは一切考えていません。この状態のまま乗っていただける次期オーナーさんを探しているのです。この車は1997年に新車で購入後、すぐにアメリカのアウディチューニング会社であるTAP社と日本での独占販売輸入権を取得してチューニングデータなども取得しチューニングを繰り返してきました。今でも帝王号は試作品であります。永遠の試作品です(笑) 当時では個人にも関わらず1.8Tに関しては相当なデータを得て、自分の本業である「整備士」としてもノウハウを生かすことができました。趣味であると共に教材でもありました。この車のおかげで海外のチューニングメーカーやショップ、日本でもテレビや雑誌関係者、チューニングショップ様などなど数え切れない程の出会いも生まれました。今まで帝王号を支えてくださった方々でもあります。この場をお借りして心からお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

帝王号は先週(2016年4月)に車検を取得。抹消せずにそのままバッテリーを切って保存しています(笑)
お別れするときはブローや事故などではなく、絶好調のままというのを決めていたので。

ここ2年を振り返ってもクラッチOH(強化)、エンジンやミッションのオイル漏れやクーラント漏れ修理は
当然としてサーモスタット交換、左右レカロ交換、RSバンパー装着、左右ドア4枚板金(塗装が劣化してきた為)
ケブラーボンネットクリア塗装、タービン交換、バルタイ及びタイミングベルト交換などなど、整備には
生活を削ってでもお金をかけてきました(笑)

一つだけ心残りがあるとしたら、今年に入って装着したタービンです。
私が依頼して製作した世界に一つだけのK24フランケンタービンなのですが、このタービンをまだ試せていないのです。
タービン装着後、車検取得のためのオール60パイのマフラーを取り付けたため(半分製作)馬力が全然出ていない状態なのです。1.5キロまでのセッティングは完了していますが、タービンから後ろすべて径の太いものに換えて
色々とセッティングをしていく予定だったのです。フロントパイプを75パイ、以降を70パイほどにして
再度セッティングしてみようかなとも思った矢先でした。

次期オーナー様に理解していただきたいのは
・帝王号が古いという事(19年も経過した車です・・)
・帝王号はまだ試作品であるという事(今は上記の理由で本当に遅い)

そしてお願いしたい事は
・大事に乗ってほしい!
・現状販売である
・バラ売りしない
・ノウハウに関しては一切問い合わせ不可
・私はメンテナンスやアドバイスは一切しません。

正直、19年も帝王号の事を考えたりしていたので疲れた・・という思いもあります。
それに使った時間もまた膨大なものです。誰のせいでもないのですがw

気になるお値段ですが・・・・プライスレスという訳にはいかずw
車検がまだ残っており、直前まで出費を続けてしまって家族にも迷惑をかけた為、最低でも手元に30万は残したいのです。高いだろ!アホか!タダだろそんな車!視ね!
という声も聞こえてきますが、過去の帝王号の生い立ちから出した私の結論としては安すぎるくらいなんです。だからこれを理解してくれる方こそ次期帝王号オーナー様だと思っております。

ちなみにもれなく付いてくる付属品は
帝王号本体、純正ボンネット、スタッドレス付き(札幌で今年乗り切りましたが5分と考えてください)アルミ、セッティングソフト、ケーブル(実は現在Fconisです)、スペアタービン(中古K26)、NOSタンク(飾りとお考えください)。

気になる方はメールください。私は手続きに関しては初心者ですので出来れば個人売買に関して
詳しい方、信頼できる仲介さんがいらっしゃる方なら尚更歓迎します。トラブルは絶対避けたいのでかなり慎重になってます。本当に理解してくれる方が理想です。しつこいですが。
問合わせメールはこちら

尚、このサイトは今後も永遠に続けます。帝王号だけでなく、輸入車整備の情報を今後もアップしていき、整備で困っている方々と交流を続けたいからです。帝王号2号登場もありえますが、それは帝王号のようなチューニング車両ではないと思います。これだけは期待しないでください(笑)

















↓サムネイルをクリックしてください。詳細ページが開きます(開かないページは作成中です)↓
※ディーラーに頼らずDIYで輸入車を修理しながら大事に乗る方を応援するサイトですが、作業にあたっては自己責任でお願いします。

感想や質問などはこちらまで

   19年目の帝王号。タービン交換です。今回はK24タービンへ小型化しコンプレッサー側を加工した所謂フランケンタービンです。只今、専用ページ作成中。2016年3月1日現在、まだまだセッティング中ですので春になったら公開します。1.8Tでのブーストアップ、タービンの選択から排気のノウハウ、空燃比セッティングまですべて公開します。
ウエストゲートバルブ
18年目の帝王号のウエストゲート。今回はスプリングの最低ブーストを0.8から1。1に設定。つまり強化です。帝王号のAEBエンジンはビッグタービンでブースト設定1.2〜1.5。この仕様で10年以上腰下ノーマルで壊れてません。ただそれには色々と理由があるのです。1.8Tにお乗りの方でショップに「壊れちゃいますよ」とか言われてませんか?そういう根拠の無い事を平気で言うショップはインチキです。気をつけてください。ビートル、ゴルフ4、アウディA3、A4に載る1.8Tエンジンは基本さえ抑えればそうそう壊れませんし、簡単に速くさせることができます。
アウディ コントロールモジュール 2010年アウディÅ6。 電動ステアリングコラムが故障したらこれを交換。ステアリングコラムアジャスターモジュールです。ステアリングモジュールという名称だと違うパーツがくるので要注意。これ、交換したらコーディングが必要なのですが番変でそのままコーディングしても無駄です。注意してください。
ビートルのホワイトウォールタイヤ 弐号機のホワイトウォールトッパー(被せタイプのホワイトリボン)がご臨終。毎年のように破れて交換してましたが帝王さんの堪忍袋の緒が切れまして本物のホワイトリボンタイヤにしてしまいました。
謎のテキスト よくあるオイル漏れ。しかし、経験の無い場合は憶測で部品発注するのはやめましょう。VWのパーツ図にはトリックがあります!
カイエン トアレグのオルタネーター 巷で話題の(?)カイエン・トゥアレグのバッテリー警告。諸悪の根源はボッシュのオルタネーター。高級SUVなのにガッカリな故障なのです。
アウディV6エンジン アウディB6、S4のエアコン修理です。帝王さんが鬼門のACコンプレッサー交換にチャレンジしました。 日本の道路事情では避けて通れない修理かと思います。上から見ても下から見てもコンプレッサー本体は見えません。どうするのでしょうか・・・・
ニュービートル 弐号機(’06 Nビートル)が3回目の車検を迎えました。札幌を毎日走っている車なので融雪剤によってダメージをうけています。雪解けが始まったので鉄粉取り含む洗車と帝王式ボディコーティングを行いました。おまけで内装はココトリコで模様替え。
アウディタイミングベルト交換 実は10万キロも走ってませんがバルタイ調整のついでに通算3回目のタイミングベルト交換です。実際は目視では交換するレベルではありませんでしたがパワーアップに伴って予防できるものはガンガン取り替えていきます。ここまで分解すると他にも修理が必要な箇所を発見できたので結果オーライでした。
タイロッドエンド マルチリンクになったアウディのお約束パーツ、タイロッドエンドです。帝王号は二回目の交換。帝王さんは足回りの修理で片側だけ修理ということはしないので左右交換です。タイロッドエンドは純正、TRW、マイレ、レムフォルダなど色んなところから商品が出てますが、今回はレムフォルダを使用しました。画像のように受け皿付きの対策品です。
ゲートマフラー 帝王号、自慢のウエストゲートから排気漏れです!さすがに旧車は経年劣化には勝てません。タービン手前の排気漏れはろくな事がないので緊急で修理しました。ピンホールの漏れを発見してから数年経ってましたが、ピンホールどころか割れてしまいましたのでどうしようもありませんでした(笑) 今年は本来のゲートサウンドを響かせます!
ビッグタービン ワーゲン・アウディのエンジンチューニングはやればやるほど奥が深く、タフなのでついついハイブーストでセッティングしてしまいます。ま、楽しくてしょうがないのはわかりますが(笑) ただ、やりすぎると相当痛い目に遭います。ジワジワと情報を公開している帝王さんがまた一つチューニングの限界にチャレンジしている方へ(業者さんへ?)教えてくれます。
帝王号のモンスターエンジン サクションパイプの取り回し変更です。同時にエアクリーナーも大型化しました。吸気音、レスポンスアップに期待です。このレイアウトはお金は多少かかりますが、お勧めします。
クラッチ 帝王号の強化クラッチプロジェクトの完結編。帝王号はどうなったのか?ECSのクラッチはどうなのか?帝王さんが詳しく解説します。取り外したクラッチ〜各パーツの画像も盛り沢山で載せました!
アウディ マニュアルミッション ECS RA4クラッチコンバージョンキットに換装中の帝王号。ミッションは降りました。 釜の中はクランクからのオイル漏れにクラッチのダストが付着していて散々な状態に(笑) 果たしてこの釜の中に240mmのS4用クラッチは収まるのか!?
帝王号クラッチOH そのAです。
034モータースポーツ PCV 最近は中古でB6のターボ、ゴルフ4GTI、ビートルターボ、TTなんかが安く出回っているので1.8Tチューニングの相談が地味に増えてる感じです(B5のターボ+マニュアルはさすがに数が少ないのでありませんが・・)。国産車の感覚で弄っている方や、かつての帝王さんのようにビッグターボを載せたい!って方もいますが、それ以前に点検してほしい箇所があります。このページの作成が遅れてしまい、申し訳ない気持ちです。
ECSクラッチキット 帝王号のクラッチがお亡くなります(享年90000キロ)。 クラッチOHとなりますが、当初は純正OEMで探していましたが、普通じゃ面白くないですし見ている方も楽しくないでしょうから、人柱的にECSのステージ1を使ってみることに。軽量フライホイールにS4用の240mmクラッチを組み込みます。 まずは帝王号クラッチOH その@です。
アサヒ FNC アサヒファイヤーアームズ製スーパーFNC。言わずと知れたBV式の名銃です。最近になって20年前に憧れだったこのライフルを手に入れた帝王さんは”帝王銃”と名づけて世界に一つのFNCを作るべく、分解してOHすることに。どうなったのでしょうか
帝王号 帝王号の今後を考えます。新車から15年。チューニングも同じように行ってきましたので老体も老体、、ゾンビのようなアウディなのです。各部のOHと同時に改良もしなくてはならない部分が多く、今回はそれをまとめました。
クラッチキット クラッチOHしました!といってもMINIのです(笑)早く帝王号も強化クラッチ入れたいです。さて、MINIですがクラッチ操作時の異音からミッションを降ろさなければならないケースが多いらしく走行距離に関係なく起こりうるようです。今回はディスクの磨耗はありましたが、そうでなくても使い方によってはフェーシングの当たり不良で異音は出てしまうことも。

感想や質問などはこちらまで

過去ネタも含めて各ページは帝王の気分次第で写真の追加、文章の編集等、日々更新されています。
リンクが無かったサムネイルはもちろん、一度見たページも要チェックです!

過去のネタ倉庫@はこちら
過去のネタ倉庫Aはこちら
過去のネタ倉庫Bはこちら
過去のネタ倉庫Cはこちら
ダンシング
TAP
アイバーのサイン
管理人 リンク集 メール

間違いだらけの「間違いだらけの外車選び」

※ サイト内の画像、及び文章の無断掲載はお断りしております。
※ リンクを貼ってくださった方はメールでお知らせ下さい。

帝王の部屋

 
当サイトは、Microsoft Internet Explorer 5.0 以上、 Netscape Communicator 4.7 以上にてご覧いただくことを推奨しています。
Contact: our email is audi_tuning_usa@yahoo.co.jp

(C)1997-2007 TEIOU_NO_HEYA



AGAは自己責任で行う!
薄毛に悩むすべての方に見ていただきたいサイト。
私もそうだったのですがAGAであれば治ります。
病院へ行かずに自力で治す方法のサイトです。